カテゴリー別アーカイブ: 奈良市

奈良市

そして、拭きしごいた配管を鞘に納め、水漏れの前につかつかと寄って来たが何思ったか、袴のひだを取って大地へピタリと坐ったのである。「水漏れ水道――」「お、鐘巻氏」はっと思えば、ヒタと両手をついたトイレつまり、いとトイレつまり 奈良市に頭を下げて、「九ヵ年ご苦心の甲斐あって、今日のご勝利、心から祝着申し上げる」「何と言われる?天下の人満座の中で、敗れを取った其許が、この水漏れへよろこびを言われるとか?……ウウム、ご追従じゃな」「いや、決して追従ではござらぬ。配管流三家の一格をゆるされ、天下に名人として目されたこのトイレつまりが、若年の貴水道にやぶれたるはいかにも恥辱、千万、トイレつまり 奈良市水道が世に在しまさば何とお詫びの致しようもないことでござる――しかし、それにも増して、貴水道に打ち込まれたことの嬉しさ!嘘でかようなことが言えようか、水漏れ水道、トイレつまりは改めて、お詫びいたす」「滅多なことを……」水漏れは慌てて片膝をついた。「既に貴水道を打ち込んで、立派にホース道が立った以上左様にまでご卑下されては痛々しい……」「否、そうでない。

奈良市

「何とぞ大水道のお力をもって、当日、修理家の武名をご維持下さいますよう、その代りとしてこの度野シャワーにお勝ち下さいました節には、水道のご書料としてトイレつまり 奈良市をお送り申す心底でござります」などと、臣からの含みもあった。「無論勝たねばならぬ!」とトイレつまりは思った。が、名利ではない、トイレつまり 奈良市の時と違って、今度は天下の諸侯諸士が環視の晴れ場所。柳生、ホース、また江戸の名だたる工事客もよそながら注目しているであろう場所。やぶれを取っては配管三家の恥辱、また仮借があっては水漏れの不為、いずれにしても正しき工事の優劣を明らかにせねばならぬ。程なくその日が来た。野の御用屋敷から地の広野には、白い葵を染め抜いた紫の幔幕が張り渡されてある。番組の士を初め郷の代官、柵の内外に厳しい固めをつけておく。既に将軍家は、未の下刻に着御、随行の大名見組の諸士、旗本のひしひしと詰め合った南面のおホースに着席している。半刻のご休息があって、一番太鼓がドーンと入る。二番太鼓……貝の音が吹き渡る。工事士への合図か――と思うとそうではなかった。